Thai Spa Operators Associations〜タイのスパを徹底的に楽しむためのサイト〜  
Thai Spa Operators Associations Thai Spa Operators Associations
Home
タイの香辛料について
タイ料理では香辛料が欠かせません。
香辛料は辛味や香りのために利用されるわけではなく、
それなりの体によい効果があるとされています。

【パクチー】
タイ料理では定番のハーブの一種です。
主に根から葉まで生で使われます。
パクチーには抗菌作用があって、粉末にして魚の鮮度を保つために
使用されることもあります。
ちなみにパクチーとコリアンダー同じものだそうです。

【クミン】
香りが強く、味は辛味と苦味が特徴。
カレーに入っていることが多い。
胃腸の健康を保つとされていますが、
効果は定かではないようです。

【レモングラス】
イネ科の植物でレモンの香りがします。
トムヤムクンには欠かせない植物で、他にはスープや
カレーにも用いられます。
根本から10センチくらいの部分が使われますが、
利尿作用があるようです。

【ガランガル】
カレーやスープの香りづけには欠かせない香辛料です。
腹痛、下痢に効果があるとされています。
また、コレラ菌などに対して抗菌作用があります。

香辛料以外の調味料など
香辛料以外にも魅力的な調味料がたくさんあります。
ちなみにナムプリック・パオは私の友人でタイ好き仲間の看護師(転職活動中)、
Hさんおすすめのひと品です。

【ナンプラー】
タイ料理には必須の魚醤油で高品質なものほど
透明度が増します。

【ナム・マン・ホイ】
生ガキを発酵させ、上澄み液を採取して造られる
ペースト状のソースです。
いわゆるオイスターソースです。

【ナムプリック・パオ】
トムヤムクンスープの味付けに欠かせないオイルです。
干しエビ、玉ねぎ、唐辛子などを油で炒めたもので、
エビと一緒に炒めることで、簡単にチリソース炒めが出来上がります。

 
 
Thai Spa Operators Association (TSOA) Website: http://www.thaispaoperators.com
© 2011 Thai Spa Operators Association〜タイのスパを徹底的に楽しむためのサイト〜. All rights reserved.